FC2ブログ
本日、パート社員さんが一人退職をされました。
毎日1時間ほどかけて遠方より通勤して来てくださっていたのですが、今回の震災を受けてよりお子様に近い環境に身をおきたいとの理由から、決断されました。
これまで大変お世話になりました。ありがとうございます。

本当は引き止めておきたい一人でしたが、理由を聞いてしまえば最もでありますし、小さなお子さんを育てる母親の心境として当たり前のことですから、快く送出すことに決めました。

彼女は当社の基幹システム導入時より、大変大きな役割を担っていただく一人として、その責務を全うしていただきました。
今回退職されるにあたってビジネスパートナーである福井キャノンのT氏にもご連絡をしていただいたそうで、大変喜ばしく思います。
コミュニケーションを大切にするシステムですから、そうした行動は、まさにシステムの根幹を成すものですし、システムの持つ深いところを良く理解していただいていたのだと思います。
そんな仲間が出来たことはシステム導入の副次的効果であり、リーダーとして冥利につきます。


人を取り巻く環境は変化します。
自分だけではどうしようもない変化もありますから、そこに対応せざるを得ないのは仕方の無いこと。
その変化を前向きに受け止められるかどうかが、その人の真価を問われる部分でもあります。

今回の環境の変化は彼女にとっても大きな変化であると共に、当社にとっても大きな変化です。
その変化を前向きに考え、目指す姿に向かって舵を取るのも自分に課せられた大きな課題であると認識しています。

「その人にとって乗り越えられない問題は起こらない。」
この言葉を胸に頑張ろうと思っています。

相変わらず含みの多い文章で申し訳ありません・・・。



スポンサーサイト