FC2ブログ
水天宮ロイヤルパークホテルでの熱い熱い二日間。
09年度の受賞組織である㈱スーパーホテルの山本会長や、万協製薬㈱の松浦社長。特別講演でいらしていた松下政経塾の佐野塾長といった方々の言葉に打たれっぱなしでした。

では、二日間で気になった言葉をつらつらと書いていこうと思います。

NHK福地会長
「判断のものさしが変わってきている。」
 過去の判断基準→常識・経験則・日本人の横並び意識
 現代の判断基準→経営理念

スーパーホテル山本会長
「売上げ至上主義よりも、経営理念浸透主義」
「自立型感動人間」の育成
「次工程はお客様」(これには驚きました。ふと頭に浮かんだのは、「前工程には感謝を」という言葉。以前師匠よりいただいた言葉でしたので・・・。)

万協製薬松浦社長
「会社(チーム)で働くあなたより、あなたが働く会社(チーム)の方が格好いい」
松浦社長のスピーチは賛否両論あると思いますが、自分にはとても分かりやすく、物語を聞いているように、すっと心に入ってきました。

松下政経塾佐野塾長
動きを起こす人→「人財」
動きに巻き込まれた人→「人材」
動きを見守る人→「人在」
そして、動きが起こったことを知らない人→「人罪」

等々、まだまだ書ききれないのですが、今回も沢山の気付きや学びの多い報告会となりました。
そして沢山の元気をいただいてきました。

折りしも車業界にとっては最大の繁忙期に突入しています。
日常業務を離れて、二日間しっかり勉強させていただきましたので、またこれから忙しくなりそうです。

スポンサーサイト
つい一週間程ブログの更新をしなかったと思っていたら、10日以上も過ぎていました。
さて、昨日今日と日本経営品質賞受賞報告会に参加するため、久しぶりに東京を訪れていました。

中央本線沿線住民にはおなじみの「あずさ回数券」を、これまた山梨県経営品質向上研究会にて大変お世話になった大黒屋の吉田部長にご用意いただき、電車にて上京。
ラッシュに巻き込まれながら新宿駅にて都営新宿線に乗り換え。
切符を買うために、券売機の前に立ったのですが、ラッシュ時なのにほとんど人がいません。

答えは簡単「Suica」です。
立ち止まって券売機の上にある路線図とにらめっこしている自分はまるで「浦島太郎」みたいな感覚になりました。
改札機すら高速道路のETC専用レーンのようにICカード専用機があったりして、行き交う人達は全く立ち止まらず、無言で過ぎ去って行きます。
カードで決済し、乗り換え案内は携帯電話にて一発案内。乗り換えに便利な乗車位置まで教えてくれます。
電車を降りて目的地が分からなければ、携帯がナビをしてくれます・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・。

少々冷たさを感じてしまったのは自分だけでしょうか?
都会の感覚についていけない田舎者の皮肉でしょうかね?

何はともあれたまにはその感覚に触れてみるのも良いものです。
井の中の蛙にならないためにも。

本題の受賞報告会での大きな学びや気付きについては、資料の整理ができてからまた書こうと思います。

また今回も大変貴重な機会をいただきました師匠と福井キャノン事務機(株)の玉木社長にお礼を申し上げます。
ありがとうございました。






先日、OSをウインドウズ7に乗り換えました。
Vistaからのアップグレードでしたので、特段大きな問題も無く、更新できました。
早い早いと言われていたので、すごく期待していたのですが、起動のスピードは自分の設定状況にもよるのでしょうが、言うほど早くなっていないような気がします。

何となく期待外れ感もありながらネット接続を試みると、これが早い。
同じ条件下で驚くほど早くなっているのが分かりました。
ほんの数秒~十数秒程度のことなのでしょうが、この時間がストレスを感じる原因でもあったので、大満足です。
すっかり動きが早くなったので、エアロ表示も何となく素敵に見えたりして…。
と、単純な自分です。

さて、機械のスピードとは全く関係ないのですが、最近仕事において、スピードが無かったために良い結果を出すことが出来なかった案件が数件続きました。
チャンスをチャンスとして認識できなかった自分の感性の鈍さが招いた結果だとは思っていますが、相手あっての仕事ですから、自分のペースだけで仕事をしていたことを反省しています。
のんびりしているつもりも無いのですが、もう少しスピードアップが必要なんだと思います。

しかし、スピードを上げることによって、仕事の質が低下するのはあってはならないこと。
質を保ちながら、というより質を上げながらスピードも上げていくことを考えなければなりません。
ここに挑戦していくことで、もう一歩成長していきたいものです。

機械のスピードを感じながら、自分のスピードについて考えさせられています・・・。





今朝、会社に向かう途中で虹を見つけました。

太陽の光と空気中の水滴との絶妙なバランスが偶然生み出す自然現象に、神秘的なものを感じつつ、朝から良いことが起こりそうな気分で会社へ。
会社に着くと直ぐにお約束のお客様を訪問する為に移動すること約1時間。
移動中、そういえば朝のニュースにて天秤座が今日の運勢NO.1だったことを思い出し、良いことは重なるなあと小さな幸せをかみ締めながら、予定をこなし、帰りの車中でまたもや虹発見。

「これは今日は最高だ!」と思うと、体も軽くなります。
勢いに乗って仕事をしているところ、経営品質でお世話になっている山梨リコー販売の方がいらしてくださり、3月に開催される「山梨元気プロジェクト」へのお誘いをいただきました。

なんと経営品質を学ぶ人なら知らない人はいない、あの田村均氏が山梨でセミナー(講演?)をされるとのことでしたから、是非参加させていただくことにしました。
田村氏とは以前の受賞報告会にて名刺交換をさせていただき、その後著書まで頂戴しまいましたので、是非今回も参加させていただいて、以前のお礼をしなければと思っています。

そしてまた気を良くしているところへ携帯の着信が。
今度は自分が勝手にメンターの一人として尊敬している、Y氏からでした。
これまたあるセミナーのご紹介をいただいたのが本題だったのですが、何しろ久しぶりにお会いするので、ついつい長話をしてしまい、お忙しい方の足を止めてしまいました。
近況報告から、この地域の未来の話まで・・・。
そして先日のASIMOの件についても、素晴らしいアドバイスをいただいたりと、本題そっちのけでしたが、いつも元気をいただき、本当にありがとうございます。

とこんな具合であっという間に一日が過ぎてしまいました。
虹の効果でしょうか?テレビの占いの効果でしょうか?
充実した一日をありがとうございました。

今夜は帰ってPCと格闘です。この勢いで乗り切ろうと思っています。
移動中の車内、ラジオを聞いていると、コメンテーターの方が判断基準において「美しい」かどうかを注意していると話されていました。
ついつい共感できるお話でしたので、聞き入ってしまいました。

美しいかどうか。確かに重要だと思います。
美しい所作
美しい言葉
自分も日々気をつけているつもりですが、まだまだ出来ていないことばかりです。

そんな中、ある文章を思い出しました。
茨城県経営品質協議会のHPにアップされていた大久保寛司氏の「うつくしい経営の実現」でした。
うつくしい経営を実践されている会社は、どんなことをしているのか。周りから美しいと言われるような会社になるにはどうしたら良いのか?といった内様で、ある講演録として掲載されていました。

自分なりに読み取ったのは、うつくしい会社、うつくしい経営を実践するには、誰かが何かをやってくれるのを待つのでは無く、自分から率先して動くことだということです。
「百聞は一見にしかず」→「百見は一考にしかず」→「百行は一行にしかず」。先ず動いてみること、そして大切なのは動き続けることだといいます。

そして動き続ける為に、思いを持ち続ける為に何度も決意すること。
これに尽きると・・・。

今自分が美しい経営を実践できていないとするならば、それは決意が足りないんだと思います。
もしかしたら、決意にいたるまでの自己認識不足・・・?

でも先ずは動きます(もちろん考えながら)。
うつくしい経営の実現に向けて、毎日をうつくしく過ごしたいと思っています。

「サラリーマン金太郎2」見てしまいました。
先週続編が放映されていることを知り、慌ててHPにて前回までのあらすじを確認。
そんな流れになっていたのか…。と以前の放送を思い出しながら一人納得し、今夜もしっかり見てしまいました。

最近殆どテレビドラマ(と言うよりテレビ)は見ない自分ですが、何故かこのドラマだけは見てしまいます。
そんな暇があるのか?との声が聞こえてきても、ごめんなさい。これだけはどうしても見たいんです。
内容はともかく、全体的に溢れるその熱さにいつも影響され「よし、俺もやってやる」と…。
単純ですかね?

学生時代、自分はただただ熱いだけの人間でした。
チームの長として、仲間を牽引していく原動力は、熱さ以外の何物でもなかったような気がしています。
しかし年を追うごとに、いつしかその熱さを押し出していくスタイルは、もしかしたら通用しないのでは?と思うようになり、スマートにクールに振舞うことを良しとして、無理やり自分を変えてきたような気がしています。

でも心の奥底にあるものって、やっぱり変えられないんだと思います。
それがあるテレビドラマによって触発されてしまう。影響されやすい性格だなあと改めて感じていますが、そこは仕方のないことです。本当の部分を隠し通すことは出来ないのですから。

想いだけは強い人間と言われても仕方無いと思い、これからはもっと熱い自分を前面に出していこうと思っています。

宜しくお願いいたします!




当社の社員より、ブログについてのコメントをいただきました。
自分の書いたことについて考えてくれているというご報告に、飛び上がりそうな喜びを隠して小さくほほ笑む自分。

当社のホームページをご覧になってくださるお客様に向けて。というのはこのブログの大きな目的の一つですが、その中で共に働く仲間にも自分の考え方を知ってもらえたら良いなあとも思っています。
社内にいることの方が少ない今、仲間とのコミュニケーションが不足してしまうことは覚悟の上なのですが、何となく寂しくなるのも事実です。
だからこそ今回の事実が嬉しいのです。

共に働く仲間とは、もっともっと話したい。もっともっと理解しあいたいと考えています。
互いに理解しあって共通の目的に向かって進むチームの強さを経験から学んでいますので、仕事においても同じようなチームを創り上げることができれば、最高の会社になれるはずです。
今はその土台作り。仲間の話を沢山聞いて、自分の考えもどんどん発信していこうと思っています。

そしてそれはお客様にとっても同じことです。
自分という人間や、ホンダカーズ峡西ををもっと知っていただき、当社をもっと身近な存在に感じてくださったら、お客様も一緒になった大きなチームが出来ると思っています。当社の商品をきっかけとして、会社とお客様・お客様同士、楽しい仲間が沢山出来れば良いなあと思っています。

そんなお手伝いをする為に、今日も絶好調!の勢いで頑張ります。